大手電機メーカーに違法残業の疑い、上司と会社を書類送検

11日、大手電機メーカーの研究職員である社員に違法な長時間労働をさせたとして、労働局は、労働基準法違反容疑で、法人としての同社と当時の上司1人を書類送検しました。

送検容疑は、同社と上司が平成26年1~2月に、36協定で定めた上限の月60時間を超える78時間程度の残業をさせたことで、実態の労働時間と合わない勤務時間を過少申告させた疑いも持たれています(社員の代理人弁護士によると、実質的には、過労死ラインとされる月80時間の2倍に当たる月160時間の残業があったとのことです)。

先の大手広告代理店においてもそうですが、36協定で定めた上限を超える残業と労災認定が重なると、書類送検されるといった感じですね。加えて、書類送検された事案の実態をみると、労働時間の過少申告・パワハラといった暗い影が見え隠れしています。

菅官房長官は11日の記者会見で見解を求められ、次のように述べ、法改正を含め改革に力を入れていく政府の方針を示しました。
「労基法違反容疑で書類送検の件は承知している。一億総活躍社会実現の最大のカギは働き方改革であり、両立支援・多様な働き方を可能にするために長時間労働慣行を断ち切ることが極めて重要である。働く人の立場に立ってしっかり改革を進めていきたい。政府内で有識者を交え、年度内にとりまとめてできるだけ早く国会に提出し、しっかりした働き方改革を実現していきたい。」(主旨)

参考:各企業における労働に関する最低限のルール(現行の規制)では、次のような通達による基準が設けられています。

厚労省HP
「労働時間の適正な把握のために使用者が講ずべき措置に関する基準」 [554KB]
http://www.mhlw.go.jp/new-info/kobetu/roudou/gyousei/kantoku/dl/070614-2_0004.pdf

厚労省 パワハラ対策のためのWeb研修講座を公開

厚生労働省が開設している、職場のパワーハラスメントの予防・解決に向けたポータルサイト「あかるい職場応援団」では、2016年12月28日「パワーハラスメント オンライン研修講座」公開しました。

企業の管理職・従業員を対象に職場のパワーハラスメントについて
「パワーハラスメントとは何か?」
「行為者の責任と企業の責任」
「パワーハラスメントと業務指導」
「パワーハラスメントの予防と起きた際の対応について」
4つのパートで解説しています。

受講後の確認テストに全問正解をすると受講証明書を受け取ることができるようになっています。

詳しくはこちらをご覧ください。
https://no-pawahara.mhlw.go.jp/

マイナンバー社会保険関係届出書(H29.1月より)

あらためまして、本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。
FBページでは新年のご挨拶を申し上げておりましたが、ブログが放置されており失礼いたしました。

新年初ブログは、マイナンバー関連のお知らせです。

平成29年1月からの健康保険・厚生年金の届出書の資格取得届の様式が厚労省のHPに公開されました。

健康保険組合加入の事業主用の様式は、個人番号記載欄と基礎年金番号記載欄があり、健康保険組合への届出書にはマイナンバー記載が必要ですが、年金機構への届出書については、マイナンバーの記載は不要となります。
協会けんぽ・国民健康保険組合加入の事業主については、従来の届出書を使用するようになっています。
また、個人番号を記載する予定の届書等一覧に51種類の届出書が公開されており、それによると現段階で事業主経由の届出書は資格取得届のみとなっています。

※なお、当初、健康保険・厚生年金保険における「被保険者氏名変更届」及び「被保険者資格喪失届」についても、個人番号の記入欄が設けられる予定でしたが、特定個人情報の漏えいの機会を減らすなどの観点から、これらの書類への個人番号の記入欄の追加は見送られました。
厚労省HP
「マイナンバー制度(公的年金関係)」
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000146740.html
「個人番号を記載する届書等一覧」
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-12500000-Nenkinkyoku/ichiran.pdf” target=”_blank

ストレスチェックの実施者は明確ですか?

義務化されたストレスチェックの実施期限が今月末に迫っています。
さて、無事に実施した後労基署へ届け出る際に「検査を実施した者」を選ぶ欄があるのをご存知でしょうか?
実施者機能の無いストレスチェックツールを利用された場合、ここでつまずいてしまいます。
御社は大丈夫ですか?

みやた社労士事務所では実施者機能付きストレスチェックツールをご案内しております。

%e5%8a%b4%e5%9f%ba%e7%bd%b2%e5%b1%8a%e5%87%ba

ただ今、○○しております。

最近、人身事故で電車がストップすることが多い。
昨日も、急いで目的地に向かうという時に遭遇。

アナウンスが運転見合わせを告げると、車内はどんよりとした空気に。
時計を見たり、舌打ちしたり、深いため息をついたり。
私を含め、みんな焦りやイライラをこらえている。

すると、再びアナウンスが。
「ただ今、区間運転をする為の運転計画をたてております。」

そうだよね、ダイヤは乱れるけれどキッチリ計画立てて何とか電車を動かそうとしてくれているんだよね。
そう思ったらイライラが消え、「頑張って!」という気持ちになった。

人様をお待たせしなくてはならない時、「ただ今○○しております。」と状況報告することは大切だなと思った。

train_blue

ソロは暗譜に限る

先日「メンタル対策公開研究会」が無事終了しました。
ご来場くださいました皆さま、ご協力くださいました皆さま、どうもありがとうございました。
アンケート結果は大変に高評価で、研究会会員一同喜んでおります。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

「タイトルと本文が関係ないのでは?」と思われた方、実はここからです。
この公開研究会で私は基調講演としてお話しさせていただきました。
ほんの30分間のことなのですが、各方面の専門家の先生方がお集まりの会なので、下準備には相当時間をかけて悩み苦しみながら本番の日を迎えました。

当日はパワーポイントを使いながらの講演でした。
話そうと思ったことをノートにまとめていたのですが、それを全く見ることなく最後まで話し続けました。
伝えたいことがどんどん溢れ出てきて止まらなかったのです。

私の作る資料は、図解が多くアニメーション付きで紙芝居の様です。
もしかしたら「大人向けではないかも?」という心配がありましたが、そんなことは無かったようで、複数の方から「わかりやすかったですよ!」とお声がけいただきました。

人に伝える、表現するというのは本当に難しいです。
楽譜にしがみついて演奏するよりも、暗譜するくらいまで練習を重ねて「自分のもの」にしてから、表現する。すると聴く人の心に響くんですよね。

今回の講演も同じだなぁと実感しました。
これからも表現力を磨いていきたいと思います。

%e5%85%ac%e9%96%8b%e7%a0%94%e7%a9%b6%e4%bc%9a%e7%99%ba%e8%a1%a8%e8%b3%87%e6%96%99%e3%80%8020161026

 

残業時間だけの問題では無いのです。

またか。電通。
入社して間もない社員が過労自殺。過去の電通事件と同じ。
会社の体質は何も変わっていなかったのでしょうか。

「月105時間の残業」という報道を受けて
「そのくらいで自殺するなんて」とか「俺が若いころはもっと残業してた」
というリアクションが多いのですが。
数字だけで判断するもの?

業務の裁量権があって、人間関係が良くて、やりがいを感じながら働いていたのでしょうか…。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161007/k10010721761000.html

メンタル対策公開研究会のご案内

私が所属しております、東京都社労士会自主研究グループ「メンタル対策研究会」の公開研究会のご案内です。

「ストレスチェック制度における社労士の役割」というテーマで、精神科産業医・弁護士・「こころの耳」ポータルサイト運営事務局長によるパネルディスカッションが行われます。
実は、基調講演として私も少しお話しさせていただきます。

日時など詳細はこちらです。
%e7%84%a1%e9%a1%8c

社労士に限らず、ご興味をお持ちの方どなたでもご参加いただけます。

お問い合わせ・お申込み等はこちらからメッセージいただければ幸いです。
http://kyk-miyata.com/captmail/captmail.cgi

どうぞよろしくお願い申し上げます。