労務相談は人生相談?

月に数日、某機関で労務相談のお仕事をさせていただいています。

厚生労働省の委託事業なので、営業活動はNG。「相談員A」として粛々と業務にあたっています。

そんな中よく感じるのは

「労務相談って言うより、これは人生相談?」

という事です。

以前、税理士の友達が

「税務相談会に行くと占い師みたいな気分になる。」

と言っていたのを思い出しました。

近いものがあるのでしょうね。

私は人様を占うつもりはありませんが、相談者様の気持ちに少しでも寄り添うよういつも心がけています。

面談や電話の最後の方で、相談者様の表情や声が明るくなったところを見るととても嬉しくなります。

「相談して良かった」

「次回もあなたに相談したい」

と言っていただけることもしばしばあります。

そんな時は心の中でぴょんぴょんジャンプしています。

人様に必要と思われることがやり甲斐に繋がりますね…。