「ハラスメント」がNGワードのハラスメント対策研修

タイトルをご覧になって不思議に思われた方もいらっしゃるかもしれません。
なぜNGワードなのか。
それは「ハラスメント対策研修」と聞くと、拒絶反応を示す方がいらっしゃるからです。

このテーマのご依頼を頂くきっかけの多くは
「社内にパワハラやセクハラまがいのことをする従業員がいて困っている」というものです。
そして「当人に自覚させたいから研修をしてください」と。
ですが、研修のタイトルをそのものズバリにしてしまうと
当日、肝心な人が欠席してしまう。この率は高いのです。
うっすら自覚しているからでしょうか。

ですので、私は敢えて「ハラスメント」をNGワードにしています。
どんなタイトルにするかは、その企業様の現状を丁寧にヒアリングしてからご提案しています。

本日もこのテーマで受注をいただきました。年始早々大変ありがたいことです。
みやた社労士事務所はこれからも
お客様の目線で考え 心に寄り添いながら
安心して働ける職場づくりをお手伝いしてまいります。
ご挨拶が最後になってしまいました。本年もどうぞよろしくお願いいたします。

※画像は本文とはまったく関係ないのですが、元旦からなぜか餃子を焼いた我が家の食卓です。